忍者ブログ
Bitte商店の愛犬、ハッピーとの生活の中から、愛犬の介護と介護用品の特徴などを書きとめていきます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
Bitte商店
性別:
非公開
自己紹介:
Bitte商店の愛犬、ハッピーとの生活の中から、愛犬のための介護用品を中心にご紹介していきます。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
2017/08/22 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/11 (Sun)
WIKI - 犬のグリコサミン
Bitte商店-犬のサプリと犬用品、人の健康サプリと、こだわり商品!


グリコサミン、コンドロイチン、MSMが関節の動作を健全に保ちます!

Glucosamine DS with MSM & Chondoroitin

良質のグリコサミンコンドロイチンに、ビタミンE,C、MSMなどを含有し、犬の関節や、軟骨、細胞生成に必要な成分が配合されています。

ラモパパさんからいただいたわん卓のモニターコメントに、次のようなものがありました。

『関節や内臓系の疾患は長い年月をかけて気付かないうちに進行し、発症してから慌てて治そうとしても、その分時間が掛かるという事は人間でも犬でも同様に当てはまる事だと思います。昔から言われている「未病を治す」という言葉の通り、疾患に掛かってからでは無く、元気なうちに少しでもそのリスクを減らす事が』たいせつではないか、という趣旨でした。 筆者はこの意見に110%賛成です。

わんちゃんの関節の痛みも、若いときには、さほどわんちゃんには堪えないものでしょうが、グリコサミン、コンドロイチンやMSMは、人間と同じで、加齢と共に、体内生成ができなくなっていきます。人の場合でも、グリコサミンは、年とともにサプリメントとして摂取しなければなりません。わんちゃんの場合も同様です。

当店の愛犬ハッピーの場合は、成犬になるまでにも関節のトラブルが続いたので、6~7ヶ月のころから取らせています。 今では、ほとんど問題になりませんが、それでも、ほんとにたまに、『キャヒン!』といい、ビッコを引きます(すぐ回復しますが・・・・)。

どうですか、大型犬の飼い主のお客様、一度、考えてみませんか、グリコサミン(含MSM,コンドロイチン)?!

Bitte商店
キーワード:グリコサミン グルコサミン コンドロイチン MSM 犬の関節 オメガ脂肪酸


犬用グリコサミンの情報 犬用グリコサミンの詳細
犬用グリコサミン(含コンドロイチン・MSM)のご購入

情報: こだわりのGoods わんちゃんのGoods わんちゃんグッズ こだわりグッズ

わん卓と、こだわり商品のBitte商店ホームページへ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]